日時:2010年11月29、30日、12月1日
場所:共用品推進機構 会議室

ISOの技術委員会TC173に新しくできた分科委員会SC7の初めての会議が、
共用品推進機構で開催されました。
この分科会の幹事国は日本、事務局は共用品推進機構が担当します。
初めての会議には、5カ国13名の委員・オブザーバーの方々が参加し、議論しました。
SC7 P6








SC7 P5
委員長(右)
早稲田大学 山内繁氏
事務局のメンバー
共用品推進機構 松岡 光一、水野 由紀子




各国から出席された方々
SC7 P7SC7 P8








SC7 P9SC7 P10








SC7 P12
展示室の見学も、プログラムに組み込まれました。







SC7 P11
オセロ「極」に興味をもたれたインドからの全盲の参加者。







SC7 P3
国際会議の初日は歓迎会が開かれるのが一般的です。この日は、事務局近くの居酒屋さんで開催。
仕事の話をする人、各国の文化の話をする人、皆さま、楽しんですごされました。




SC7 P1 all members Party
全員集合








2日目
新規格案の概要を紹介する出席者の方々SC7 P14

TOTO 江藤 祐子氏







SC7 P15
アイデザイン 児山 啓一氏







SC7 P17
筑波大学附属視覚特別支援学校 青松 利明氏







SC7 P16
産業技術総合研究所 関 喜一氏







SC7 P18
会議中には様々な意見が出され、文章の修正が行われますが、
その結果は草稿委員会(Drafting Committee)のメンバーがまとめます。
(写真)





SC7 P4 all members_Meeting
会議の最後に参加したメンバーで記念撮影。







会議は無事終了し、本日(12月1日)は、日本企業を訪問する見学会が行われています。
新しい規格案が承認されると、それを議論するためのワーキンググループがSCの中に発足し、そこで審議される予定です。
SC7は誕生したばかり、事務局業務もまだ不慣れなことも多いですが、
皆様、応援をよろしくお願いいたします。